トップページ

    このサイトではRAV4の買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「RAV4の買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    トヨタのRAV4を高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのトヨタディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、RAV4(ラヴフォー)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社にRAV4の査定依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    その上、地方対応で利用料は無料です。

    「数年間乗ったRAV4の買取相場がいくらか知りたいけど、電話営業が苦手…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にRAV4の中古車買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、RAV4を高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    RAV4の車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の買取会社がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力完了後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単にRAV4の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている提携業者だけが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのRAV4でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたのRAV4を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場がわかる数少ない車一括査定サービス。提携業者は200社以上あり、最大10社が愛用のRAV4を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したRAV4を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サイト。
    RAV4の一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長く乗ってきたRAV4を高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのは結構うれしいですね。
    提携業者は約100社と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたのRAV4の査定見積を出してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定を使った場合の価格差がいくつか紹介されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    何も中古車に関してだけとは限らないでしょうが、査定額の相場は日ごと上下が激しいです。

    夏期にはオープンカーに乗る人が増えるので、陽気の良い季節が良いなど、車の種類によっては相場がアップしやすい時期や地域性がほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    一方、車種にかかわらず言えることというと、初年度登録日からの日数が過ぎていない方が相場は高くなります。

    車を手放そうと考えたら数日でも早いほうが断然高く引き取ってもらえることの方が多くなるでしょう。

    何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを「相見積もり」と呼んでいます。

    相見積もりをどんな時にでも可能なようにしたのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    さらに、この相見積もりの中には、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに現実的に車を見積もってもらい、全員に査定金額をその場で提示してもらうことも相見積もりに相当します。

    業者の中には他の業者と同時に査定するのを毛嫌いするところもあるのですが、たいていは了承してもらえるでしょう。

    中古車の見積金額が腑に落ちないものだった場合に、売るのを止めても構わないのです。

    多くの業者に見積もってもらってなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して売る方が良いに決まっています。

    しかし、取引契約を締結してからの売却キャンセルは受け付けて貰えないか、たとえキャンセルできたとしても損害賠償金が発生する可能性があるのです。

    詳細は取り引きの際の契約書に明記されていますから、契約をする際には必ずすべての文章を熟読してからサインすることが大切です。

    車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、現物や店舗次第という感じです。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば場合によっては加点も期待できます。

    とはいうものの、肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、むしろ減点になる場合もあるわけです。

    それから、買い手が躊躇するほどエキセントリックなものも、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

    ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は法律的には告知義務違反となり、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって対象車の市場価値を計算するのが常です。

    未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じでひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

    採点されるポイントは、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、あとは走行距離ですが、年式の割に走行距離が短いとプラスになることもあります。

    専門家は多数の車を見てきていますし、補修跡や事故歴などが目立たないように取り繕っても、ずっと隠し通せるものではないでしょう。

    中古車買取店の売却を勧める電話か凄くて面倒な思いをすることもあるでしょうが、多くの買取店で査定をしてもらうことは自動車を高く売却するために大切です。

    査定相場が不明だと買取業者の提示額に頷くしかできませんし、査定額の相場を知るためには複数の業者に査定してもらうのが得策だからです。

    今売却を決めればいくらで買い取りできますよ、などという勧誘文句に騙されてすぐに売却を決めない方が良いです。

    焦って事を進めないことが、高く買い取ってもらう秘訣と言えるでしょうね。

    同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている車でも正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    本来提出すべき書類に加えて、現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、売るのは簡単なことではありません。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    勿論、車検が切れてしまっている車より車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだとさほどプラス査定にはならないのです。

    車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。