トップページ

    このサイトではRAV4の買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「RAV4の買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    トヨタのRAV4を高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのトヨタディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、RAV4(ラヴフォー)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社にRAV4の査定依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    その上、地方対応で利用料は無料です。

    「数年間乗ったRAV4の買取相場がいくらか知りたいけど、電話営業が苦手…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にRAV4の中古車買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、RAV4を高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    RAV4の車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の買取会社がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力完了後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単にRAV4の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている提携業者だけが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのRAV4でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたのRAV4を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場がわかる数少ない車一括査定サービス。提携業者は200社以上あり、最大10社が愛用のRAV4を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したRAV4を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サイト。
    RAV4の一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長く乗ってきたRAV4を高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのは結構うれしいですね。
    提携業者は約100社と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたのRAV4の査定見積を出してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定を使った場合の価格差がいくつか紹介されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    何も中古車に関してだけとは限らないでしょうが、めまぐるしく査定額が変わるのです。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、ある種類の車は相場の高低差がつきやすい季節や地域性がほとんど決定されてしまうこともあるわけです。

    一方、車種にかかわらず言えることというと、たいてい初年度の登録日からの経過日数が浅い方が査定額がアップすることが多いでしょう。

    実際に売却を決定したらちょっとでも早く決めてしまう方がきっと高く売れるに違いないのです。

    査定のプロである担当者には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    じつは事故ってしまったことがあったり、修理を依頼したことがあったのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくてそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。

    それに、いい加減なことを言ったことでスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    でまかせを言ったことが原因で、査定額は厳しくなるかもしれないことが起こっても仕方ありませんから、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

    中古車買取の業者に実際に出向かなくても、オンラインで中古車査定ができてしまうホームページが無数に存在しているものです。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は店舗の担当者が実際に査定して確認しないとなんとも言えないところはありますが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、おおよその今の段階での査定相場を知る上で大変有用ですね。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を除き、それ以外を実際の売却店として考慮することが可能になるでしょう。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかしこの全損は、異なる二つの意味で使われています。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は適正な金額を算定します。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    車を売るならまず下準備を整えておくと、査定時直前になって慌てなくて済みますし査定額にプラスに作用することもあります。

    準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。

    それから他メーカーのパーツに交換した車の場合は、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    メーカー純正パーツの車というのは買取り査定では加点評価してもらえるからです。

    それと、短い時間で売却したいなら必要書類をあらかじめ用意しておくのも大事です。

    車の処分を考えている際に個人ができる方法は、中古車買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。

    売却の方を選ぶのであれば複数店舗に見積りを出させて業者間の競争心を煽り、結果的に高値で売却することも可能です。

    その一方、下取りはというと、価格を比較する相手がいないので競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり車を購入するのと同時に古い車も処分できますし、代車の心配も不要です。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合も買取りしてもらうのをハナから諦めてしまう必要性はないでしょう。

    動かなくなっていても価値があるケースもあるからです。

    自動車本体ではなくパーツごとに見るとまだ使えるものもあるかも知れませんし、それらの部品に対して値段をつけて買取してくれる会社はあるのです。

    ただし、一般的な中古車買取店では実施していない場合も多いので、事前調査して不動車を査定してくれる業者に査定をお願いして買取りしてもらうと良いですね。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。

    車が欲しいと思う人が増える時期には同時に買取の相場も高くなります。

    でも、車を売ろうと決心したときが高値で取り引きできるであろう時期とかなり離れていた場合に、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。

    国内での流通実績の点からすると国産車に比べて外車は数が少な過ぎますから、査定額は買取店舗によって違いが出やすいです。

    他店のほうがずっと高く買い取ってくれたのにと後悔するのも、外車のほうが多いです。

    査定を依頼するなら輸入車専門の業者にした方が、独自の販路を持っていることから本来の価値に則した査定が可能です。

    けれども輸入車であれば何でもいいわけではなく、実際にはMINIなどの英国車専門店、BMWやアウディのセダン中心など特色を打ち出した店が多いです。

    中古車の売却のための一括査定サイトなどもありますから、そういった情報を参照しつつ、この業者ならジャンル的にぴったりだろうというところを探し出すのが先決です。