トップページ

    このサイトではRAV4の買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「RAV4の買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    トヨタのRAV4を高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのトヨタディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、RAV4(ラヴフォー)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社にRAV4の査定依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    その上、地方対応で利用料は無料です。

    「数年間乗ったRAV4の買取相場がいくらか知りたいけど、電話営業が苦手…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にRAV4の中古車買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、RAV4を高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    RAV4の車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の買取会社がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力完了後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単にRAV4の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている提携業者だけが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのRAV4でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたのRAV4を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場がわかる数少ない車一括査定サービス。提携業者は200社以上あり、最大10社が愛用のRAV4を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したRAV4を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サイト。
    RAV4の一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長く乗ってきたRAV4を高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのは結構うれしいですね。
    提携業者は約100社と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたのRAV4の査定見積を出してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定を使った場合の価格差がいくつか紹介されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    どんな分野の売却においても同様でしょうが、これらの査定相場は変動が著しいです。

    分かりやすいところでは、オープンカーは冬場は相場が下がるなど、どんな車の種類であるかによって、相場が高値になる季節、もしくは地域が大体決まってしまうこともあるのですね。

    その一方で、全部の車種に共通しているのは、たいてい初年度の登録日からの経過日数が深くない方が高値で売却できることが多くなるのです。

    車の売却が現実的になったのならば少しでも早く行動に移した方が高額査定してもらえることでしょうね。

    オンラインの車一括査定サイトを使うときに気を付けなければならない事のひとつに、最高値で見積もってくれた店舗と取り引きするのが最善策ではないかもしれない点があります。

    多くの中古車買取業者の査定を見比べたときに、査定金額の平均よりも一段飛び抜けた高値を表示してくる店舗が存在するときには何かおかしいと感じる癖を付けた方が良いかもしれません。

    実際に買取を行うときに、契約が終了した後になってあれこれ難癖を言われてしまい前もって提示された査定金額よりもグッと低い買取額になる場合もあるのです。

    中古車を査定してもらうときに、ちょっとでも高値で査定してもらいたい場合、取り敢えず査定するのではなくて、直ぐに売りたいという気持ちを強くアピールすることです。

    ちょっと気になるから査定だけしてもらうけど車を実際に手放すのは先になるだろうという相手よりも、査定額に納得すれば今日明日中に売却予定ですという人の方が営業マンにとっても有り難いことでしょう。

    即決する可能性があるとわかると、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    買取業者が車の代金を振り込んでくるのは、売却の契約を締結してから一週間ほどあとになります。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、実印がなかったり必要書類が不足していれば契約は不可能です。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、売る決意が固まった段階で、査定を依頼する以前に先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。

    必要な書類は軽自動車と普通乗用車の場合とで異なりますから、気をつけましょう。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと無料で出張査定に来てくれます。

    夜間査定のほうが昼間の自然光よりもボディの傷が目立たないため、減点が少なくて済むので結果的に高めの査定を得られると言われています。

    けれども、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

    ですから、どちらが良いとは一概には言えません。

    査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定士はそのチェック項目に従って車の買取査定を行うのが普通です。

    項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点と減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    比重の大きなチェックポイントは、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、改造パーツの有無、走行距離などです。

    熟練の営業マンが逐一チェックしますから、補修跡や事故歴などが目立たないように取り繕っても、隠しおおせるとは思わない方がいいです。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    でも、査定金額の上乗せを期待して自動車を売る前に車検をすることはあまり意味がありません。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    場合によるのですが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    所有者が個人だった自動車であり、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    使用目的がレジャー等でも使うということになると、所得税を支払う可能性もあります。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明な点は確定申告の際に税務署のスタッフに聞いてみてください。

    半分忘れ去られたようになって、車検が終了している自動車でも売却はできます。

    でも、車検が切れている車は一般道路を走ることが出来ません。

    なので、自動車のそばまで出張をお願いして査定してもらいましょう。

    もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。

    補足すると、査定に出す前に車検を通すことは得策とはいえません。

    車検を通すのにかかる費用の方がほとんどの場合査定に上乗せされる額よりも高くなるからです。